【鮭のあら 売ってたらこれ!】生鮭のバター焼き

料理

みなさん、こんにちは。yukkunです。
普段鮭の切り身は綺麗に整えられた形を想像するかと思いますが、切れ端などをまとめた「鮭のあら」を売っていることがあります。

あらは骨が多く嫌われがちですが、脂たっぷりの旨みが凝縮されたとても美味しい部分なんです!!今日は旨みたっぷりの鮭のバター焼きを紹介します。

材料

  • 鮭・・・2切れ
  • バター(バター風味のでOK) ・・・約10g
  • 料理酒・・・大さじ1
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々

作り方

① 熱したフライパンにバターを入れバターを溶かす。溶かしたバターはフライパン全体になじませる。

② フライパン全体にバターがなじんだら、鮭を入れる。鮭の皮側を先に焼いた方が火が充分に通りパリパリになりやすい。オススメ!

③ 少し火が通り薄ピンクになったら、裏返す。裏面も薄ピンクになったら、裏返す。あとで蒸し焼きにするので、ここでは火が通るくらいで充分!

④ 料理酒を鮭全体に渡るように入れ、フライパンに蓋をする。切り身の大きさにもよりますが大体30秒~1分。

⑤ 鮭を裏返し、もう一度フライパンに蓋をする。ここも大体30秒~1分。

⑥ フライパンの蓋を取り、もう一度鮭を裏返す(皮の面が下)。お好みで塩とコショウを振り、少し焼く。バターにある程度の塩分があるので、塩は控えめの方が良いです。

完・成♪

僕は皮がプリプリの方が好きなので、焼き目は薄くしてます。
焼き鮭の完成例

あとがき

最もシンプルな調理は焼くだけ。ですが、バターと鮭の脂が混ざり合った極上の旨みをオン・ザ・ライスで頂くのは、ほんと至福のひと時だと感じます。骨までしゃぶってしまうほどです(笑)。

【参考】今回使用した調味料や調理器具

今回使用した調味料や調理器具は以下の通りです。

調味料

クレイジーソルト

僕は焼き物料理に使用する塩は「クレイジーソルト」を使用しています。クレイジーソルトは、粗塩にハーブが混ざった調味料です。これを肉や魚に振りかけ焼くとハーブの香りも相まって美味しい仕上がりになります。オススメです♪

コショウ・バター

使用した調味料はこちらです。スーパーの方が断然安いです。

調理器具

フライパン

ティファールのフライパンを愛用しています。フライパンが温まったかが一目でわかる仕組みと、焦げ付きにくいのが気に入ってます。

また大きさの目安は、僕の体感ですが。。

  • ~18センチ・・・1人前
  • 20~22センチ・・・1~2人前
  • 24~26センチ・・・2~3人前
  • 27~28センチ・・・3~4人前

作り置きで多めに作ることが多いのと、ガッツリ量多めに食べたいときがあるので、24センチのフライパンを使ってます(笑)

フライパン選びはホームセンター等で実際に手に取って、重さ加減やグリップの握りやすさを確かめて購入する事をオススメします!

フライパンのフタ

既にフライパンを持っているとき、フタ選びをする際にサイズが合うか不安になりますよね。逆に新しくフライパンを買う時、既にフタがあるとサイズ何だったっけ?ってなっちゃいます(僕だけでしょうか・・・)

そう、最初からある程度のサイズがカバーできるフタを買っちゃえばいいんです!(笑)

 

コメントフォーム ご感想などいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました