【調整豆乳で作ってみた】赤いカルボナーラのレシピ

料理

みなさん、こんにちは!yukkunです。

今日はカルボナーラにトマトを加えた、
「赤いカルボナーラ」というものがあると知ったので、
作ってみようと思いました。 (*’ω’*)ミルクトマト。絶対美味しいやつ!

ただ僕は牛乳はお腹を壊してしまうので、豆乳を使います。
あと、ボイルトマトではなくトマトジュースを使います。


※トマトジュースの量が豆乳より多いとトマトの酸味で
 豆乳が固まってしまうことがあります。


それでは、レシピに入ります! (੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾開け―目次っ!

材料 1人前

  • たまねぎ    ・・・1/2玉
  • 鶏むね肉    ・・・50~100g
  • 卵       ・・・1個
  • とろけるチーズ ・・・1枚
  • トマト(トッピング用)・・・お好みの量
  • アスパラ(トッピング用)・・・お好みの量
ソース
  • 調整豆乳    ・・・150ml
  • トマトジュース ・・・50ml
  • 顆粒コンソメ  ・・・約2g

豆乳はマルサンの調整豆乳、トマトジュースはデルモンテの塩を使用しているタイプを使用しました。

作り方

下準備

①鶏肉は小さく切って、容器に移し塩コショウをしてラップしてレンジで1分程加熱。

②ソースとなるものを容器に入れ、ラップしてレンジで1分程加熱。

(*’▽’)うっすらピンクが綺麗だね

③たまねぎをみじん切りにして、炒める。炒め終えた玉ねぎと加熱した鶏肉を②のソースに入れておく。

加熱して出た鶏肉の脂もソースに入れます。

(´・ω・) どうしてソースに鶏肉やたまねぎを入れたの?
(∩´∀`)∩ パスタに絡める時にソースと材料といれたらいいじゃん!

 鶏肉とたまねぎの旨みをソースに馴染ませるためだね。これで、ただのジュースが美味しいソースに変化するんだ。

パスタ茹でる~ソースを絡める

フライパンでパスタを茹でてます。
茹で終えるタイミングで水分がほとんど飛ぶので、
そのままソースを流し込んで絡めることができます。
パスタ麺200gに対し、水300mlです。

①パスタを茹でる。

パスタを茹でるときの塩は不要です。塩辛くなってしまいます。
(*’▽’) 注意しようね!

このパスタは茹で上がりの目安が8分で、大体6分くらいが写真の状態です。

②具入りのソースを入れて混ぜ合わせる。

(;´・ω・)なんかソースが白くみえるね
 写真は白っぽいですが、実際はしっかりピンク色してます!

③ソースが沸とうしたら火を止め、チーズと卵を入れて混ぜる。

(*’ω’*)おぉー ピンク色してるっぽい

完成♪

トマトとアスパラをのせて、黒こしょうをかけました。
味が薄くなってしまわないか心配しましたが。
トマトジュースの塩分と顆粒コンソメで充分な味が出ます。

生クリームを使ったカルボナーラは、なんだか重たい感じがしますが、
豆乳で作っているので重たい感じはありません。
またソースはトマトの風味を感じるので、豆乳を使っていることを忘れさせます。
是非、試してみてください♪

コメントフォーム ご感想などいただけると嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました